想望手記

小学5年生で統合失調症を発症しました。このブログでは症状や体験談に加えて、精神障害者の生活をリアルタイムに発信しています。記事の内容が誰かの役にたってくれたら嬉しいです。

想望手記

特技は掃除と自信を持って

 私は掃除が大好きです。それは、部屋のホコリを取る掃除から始まり、トイレ掃除をして、お風呂掃除をして、窓の拭き掃除まで終わると、また部屋のホコリが気になったりして、放っておくと、いつまでも掃除をしているくらいには大好きなのです。

 しかし、掃除中に読み終わった本に遭遇すると、気に入ったシーンを思い出しながら本を開いてしまい、そのまま読み始めて一時間が経っていた、なんてことが往々にしてあるので、決して気を抜いてはいけないのでした。

 

 社会に混じったばかりの頃、「何か趣味はあるの?」と問われれば、読書ですと迷いなく答えられましたが、「何か特技はあるの?」と問われると、私の特技って一体なんだろうと考え込んでしまいました。

 一般的に特技といえば、歌や楽器が上手とか、スポーツをやっているとか、格闘技だったり、英会話だったり、色々あるとは思いますが、私にはそういった特技と言えることがなく、随分と悩んでいた日々の中で、来客時によく言われていたのが「部屋、綺麗にしてるね」という内容でした。

 私はそれまで、自室の比較対象がなかったので、これが当たり前の生活だったのですが、「潔癖症なの……?」と、あらぬ疑いをかけられることもあったので(別に潔癖症でも良いのです)、私はこれだとひらめいて、掃除が好きなことを特技として公言するようになりました。

 なので、私の特技は掃除です。今となっては自信をもって言えるのです。ちなみに掃除中にお布団を見ると、ばふっと吸い込まれてしまうので、この場合も決して気を抜いてはいけないのでした。

 

 最後まで読んでくれてありがとうございました。掃除中にアルバムを見つけることもあるのですが、私のアルバムは、2分間で見終わる程度の写真しか並んでいません。これからは、たくさんの写真を撮っていこうと思っています。それでは又。